マインドフルネス講座はなぜ8週間の期間を設定しているか?

 

「8週間という最低必要な期間」は、当団体の理事長が大学での11年間の講義経験を通して、学生たちが毎年同じようなステップを踏み、精神的に成長変化していることを発見したことに由来しています。

 

1.4月の講義が始まってから6月中旬頃、まさに8週間後、毎年同じように、学生自身が下記のような「自分の変化」に気づき始めます。

 

①人間関係が良くなってきた

  • コミュニケーションの中で「怒り」の感情が減ってきた

  • それを他者からも指摘されるようになってきた

  • 友人ともうまくやっていけるようになってきた

 

②生活態度が改善されてきた

  • 投げやりな行動が減ってきた

  • 物事に前向きに取り組むようになってきた

  • 自分のことを少し好きになってきた

 

2.上記のような8週間後にやって来る「気づき(自己成長の兆し)」が引き金となって、彼らは「ひょっとしたら本当に自分は変われるのではないか」と真剣に考え始め、その後、1年間の講義が終わるまでのほとんどを、彼らは脱落することなく真剣にプログラムに取り組むようになっていきます。

 

8週間の期間は、「日常生活の中での自分」を客観的に眺める、基礎力を育てるために必要な最低期間なのです。以上を整理すると8週間の狙いは次の3つに要約されます。

 

①マインドトークに気づく期間

②日常生活の中で「マインドトークを洞察する力」を育てる期間

③マインドトークによる「自分の心」を明確に理解し受容する力を育てる期間

▲僧堂 ユニークな墨絵

関連リンク
特定商取引法に関する表示

© 2023 by THE HOPE CENTER. Proudly created with Wix.com