マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネス瞑想とは、マサチューセッツ大学医学大学院(英語版)教授・同大マインドフルネスセンターの創設所長のジョン・カバットジン博士により開発されたマインドフルネスストレス低減法(MBSR)をもとに開発された瞑想法です。

 

 

マインドフルネス瞑想は、マインドフルネス(気づき、注意コントロール)を基礎におく瞑想法で、心に浮かぶ思考や感情(マインドトーク)に従ったり、価値判断をするのではなく、ただ思考や感情を観察し、解き放つという、マインドフルネスの技法を取り入れ、否定的な考え(マインドトークによる自動反応)をしないようにすることで、心のコントロールができるようになることを目指します。

関連リンク
特定商取引法に関する表示

© 2023 by THE HOPE CENTER. Proudly created with Wix.com