マインドフルネスとマインドトーク

ストレス源としての「マインドトーク」

Elliott Dacher博士は、同時には起こることはない「マインドトーク」と「マインドフルネス」という2つの基本的な働きについて説明しています。片方が活動している時には、もう一方が活動することはありません。

 

私たちの日常的な大部分の時間を「マインドトーク」の方が占拠し、思考、感情、心的なイメージおよび様々な感覚に関わっています。マインドトークは誰もが経験する「心の中でのおしゃべり」で、特に意識的な努力を必要としない行為活動をしている時に経験することが多いのです。

 

家事、仕事、ウォーキングおよびエキササイズバイクを漕いでいる時といった中で、意識的な努力を必要としない行為活動に従事している際には、特にコントロールしなければ、絶え間の無い「マインドトーク」の活動下に置かれることになります。
 

マインドトークの材料は蓄積された記憶の中から供給されます。「マインドトーク」は事実に基づいたものもあれば想像上のものもあり、有用なものもあれば有害なものもあります。

 

「マインドトーク」によって、過去の経験から引き出されたネガティブな感情が沸き出すと、我々は書き換えることができない嫌な事件を再び体験することになります。このように「マインドトーク」は途切れることなく、ストレス源になります。「マインドトーク」に夢中になり、いま起こっていることに無関心になってしまうことも起こりえます。

 

しかしながら、意識的にコントロールすることによって、過去の経験と結びついたストレスになる感情や、未来のできごとを予想することによって引き起こされる不安を、我々は避けることができるようになるのです。
 

 

「マインドフルネス」
「マインドトーク」とは対照的に、「マインドフルネス」は学習によって身につけなければならず、自発的な、意識的な努力を必要とします。

 

「マインドフルネス」は三つの側面をもっています。それは、注意、集中そして瞑想です。

 

意識的に「マインドフルネス」の状態に入るには、いま、この瞬間に起こっていることに全神経を集中させ、いま起こっていることに全ての注意を払うことにより、すぐに集中の状態に入ります。

 

「マインドフルネス」の状態は、読書をしている時、自然のある状況を楽しんでいる時、芸術活動に集中している時、ネットサーフィンをしている時、あるいは誰か他の人に集中的に関わっている時に経験しているかもしれません。

 

「マインドトーク」から「マインドフルネス」に移行することによって、人は、いま、起こっていることに注意を払うのです。
 

ボストンのマサチューセッツ大学病院のストレスマネジメントクリニック所長のKabat-Zinn博士は、マインドフルネスを我々全てが持つ「いま」を最大限に生きるための手段であると表現している。過去は変えることはできないし、未来はまだ来ない。
 

・・・・・以下はWeb上では未公開。[『Understanding Human Behavior: A Guide for Health Care Providers』著者: Alyson Honeycutt,Mary Elizabeth Milliken]
 
 

謝辞:英語圏での、「マインドトーク」の使われ方に興味を持たれた8週間プログラム受講者の方が、インターネット検索で上記の英文を見つけ、翻訳してくださいました。厚く御礼申し上げます。 NPO法人 人間性探究研究所

 

 

[原文]

 

MIND-TALK AS SOURCE OF STRESS

Dr. Elliott Dacher describes two basic activities, mind-talk and mindfulness, that cannot occur simultaneously. When one is active, the other is inactive. Mind-talk is active most of the time and involves thoughts, feelings, mental images, and various sensations. It is the ongoing mental chatter that we all experience, especially when engaged in an active that does not require conscious mental effort. Household tasks, many job tasks, walking, riding an exercycle-these types of activities are accompanied by a stream of mind-talk unless it is consciously controlled.

Stored memories provide the content for mind-talk: it may be factual or psychological, useful or destructive. When mind-talk arouses negative feelings associated with a past experience, we relived a bad experience that cannot be changed. Thus, mind-talk may be the source of ongoing stress. Mind-talk can be so engrossing that a person is out of touch with what is happening at the moment. By taking conscious control, however, an individual can learn to avoid stressful feelings associated with past experience and anxiety related to some anticipated future event.

 

MINDFULNESS

In contrast to mind-talk, mindfulness must be learned, is self-initiated, and require conscious effort. Mindfulness has three aspects that occur in sequence: attention, concentration, and meditation. One consciously chooses to enter a state of mindfulness, primary by giving full attention to what is happening at the present moment. Full attention to an ongoing activity quickly becomes concentration. A state of mindfulness may be experienced while reading, enjoying some aspect of nature, being involved in an artistic pursuit, cruising the Internet, or being totally absorbed in relating to another person. By shifting from mind-talk to mindfulness, then, one attends to what is happening at present.

Dr. Kabat-Zinn, director of the stress management clinic at the university of Massachusetts Hospital in Boston, describes mindfulness as a means of fully living in the present, which is all we have. The past cannot be changed: the future is yet to be.

・・・・・[Understanding Human Behavior: A Guide for Health Care Providers Alyson Honeycutt,Mary Elizabeth Milliken]

関連リンク
特定商取引法に関する表示

© 2023 by THE HOPE CENTER. Proudly created with Wix.com